お問い合わせ

アストロ エアコンバキュームパイプ修理

いつも当店をご利用して頂いているお客様のアストロが入庫しました。
エアコンの吹き出し口がデフロスター以外切り替わらないという内容です。
原因を調べていきます。

一番怪しいのはやはりバキュームパイプでしょうか、この手の車はエンジンの負圧を利用してエアコンのフラップを動かしています。
探してみるとやはり、至る所で亀裂が入っています。
これでは負圧が逃げてしまいます。

室内側からもエンジンフードを取り外し、こちらからもエンジン側のバキュームパイプを外します。


ひとまずパイプ部分を同じ内径の耐圧ホースに交換しました。

あとはエンジンの熱を考慮してコルゲートチューブをかぶせていきます。

しっかり差し込みホースを固定していきます。


エアコンの操作で吹き出し口がきちんと切り替わることを確認したら元に戻して完了です。

今回は手で触るとポロポロ割れてしまうほどパイプが劣化していましたが、切り替わりが遅いなどの症状があったら亀裂がある可能性もあります。
是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました