お問い合わせ

カングー オルタネーター交換

今回はカングーのオルタネーター交換をしたのでご紹介します。
カングー オルタネーター交換
完全に発電しない状態になっておりました。

 

 

カングー オルタネーター交換
カングー オルタネーター交換

まずフロント右タイヤとタイヤハウスのカバーをはずし、ベルトを緩めます。
テンショナーの穴にL型のレンチを差し込んで止めてあります。

 

 

カングー オルタネーター交換
カングー オルタネーター交換

バッテリーを取り外し、先にオルタネーター裏のコネクター類を取り外しました。
オルタネーターがフリーになった時に引っ張られないようにするためです。
同時に下側からエアコンのコンプレッサーのボルトを全て外しフリーな状態にしておきます。

 

 

カングー オルタネーター交換

このアルミのカバーを取り外します。
前側から深いボルトで止まっています。

 

 

カングー オルタネーター交換
カングー オルタネーター交換

少し狭いですがパワステポンプを取り外し、フリーにしておきます。
前からプーリーの奥、後ろからもボルトで止められています。
この状態でようやくオルタネーター本体が取り出せます。
エアコンのコンプレッサーをフリーにした理由は上からオルタネーターを抜く際に配管をかわさなければいけないためです。
バンパー外しも、エアコンガスもパワステフルードも何も抜かずに交換できます。

 

 

カングー オルタネーター交換

取り外したオルタネーターです。
今回はICレギュレーターの部分の不具合でした。

 

 

カングー オルタネーター交換
カングー オルタネーター交換

新しいオルタネーターを取り付け、全て戻せば完了です。
エンジンをかけ点検したら終了です。

最近またオルタネーターの不具合が増えてきているような気がします。
寒くなるとバッテリーも上がりやすいので気になる方は早めの点検をおすすめいたします。

タイトルとURLをコピーしました